鳥越俊太郎氏に問う!中国サイトでの氏の言葉が話題「尖閣などくれてしまえ」

 鳥越俊太郎氏が都知事選のさなかに発言したという、「人が死ぬ、そのくらいなら尖閣諸島など中国にくれてしまえ(趣旨)」という発言が中国のサイトの中で話題になっているという。私自身は直接聞いていないが、多分事実なのであろう。事実でないとするなら鳥越氏ははっきり否定のメッセージを出すべきである。
 名の通ったジャーナリストとして一目置かれている人が、どうしてこれほどまでに無知で無責任なのか?中國が既に沖縄をも中国領だと言い始めて、活動を始めていることはご存じだろう?中国の狙いは尖閣だけでなく沖縄諸島全部であり、西太平洋の支配なのだ。一尖閣諸島だけの問題でないことは南シナ海における中国の活動を見ても明らかである。一つ尖閣諸島を守れないということは沖縄群島全体を守れないことを意味する。
  現東アジアの情勢の中で、「尖閣などくれてしまえ」というのは中国の属国として生きながらえますというに等しい。これは2000年来歴史を積み上げてきた日本人の生き様と全く異なるものである。日本人は朝鮮半島と異なり、中国の属国となることを拒否、自立の道を歩んできたのだ。
 鳥越氏の無智から発するこの言葉は、ただでも平和ボケしてぬるま湯に浸かっている日本人に悪影響を与えるばかりか、共産党独裁支配の中国が、尖閣をいつどのように占領するか、という判断に大きな影響を与えるだろう。この意味で鳥越氏の発言は究めて無知で、日本国民に対してきわめて無責任なのだ。
 共産党独裁国家の中国と話し合いができると思うのは大間違いである。平和を唱え、武器を持たず、話し合いで中国とうまくやれるというのなら、何故チベットが占領され人々がこの上ない悲惨な生活を強いられているのだ?ウイグルは何故占領され、焼身自殺をして抗議するほど人々が苦しんでいるのだ?フィリピンは?ベトナムは?南モンゴルは?
 鳥越さん属国根性は捨てたまえ!私の意見が分からないのであれば反論をしてくれたまえ!できるか!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック