立民・社民合流向け方針・・駄目な昔の小型化、左傾化したものに戻るだけ!

 立憲民主党と社民党は合流に向けて基本方針を発表したというが、10年前に外交能力がなくて失脚した民主党の小型やや左傾化したようなものができるだけではないのかな?仮に次期選挙で少しばかり数を増やしたとしても結局、じり貧になっていかざるを得ないのではないのかな?立憲民主党の立場から見れば私の感じではイメージを返って落としてしまうのでは?ただ…
コメント:0

続きを読むread more

防衛力として敵基地攻撃力持つのは常識!公明党もっと真剣に考えたらいかが!

自民公明両党で新たな安全保障戦略について議論、公明慎重姿勢・・26日読売新聞 公明党山口代表は、「政府は敵基地攻撃能力の保有は政策判断としてしないという一貫した態度をとってきた。長年の考え方を基本に党としても慎重に議論したい」ということだ。そこで公明党山口代表に問う。「長年の考え方を基本に慎重に議論」を”これから”始めるんですか?その長…
コメント:0

続きを読むread more

呆れた中国の内政干渉!

 日本政府の敵基地攻撃能力に対して中国外務省の趙氏は「日本は歴史の教訓を真剣にくみ取り、専守防衛の約束を誠実に実行して実際の行動で平和発展の道をあゆむべきだ」と無造作に日本の国の政策に手を突っ込んできた。そして「一部の日本人は外部の脅威を誇張し、軍事政策の突破を図ろうとしてきた」とも主張した。中国の侵略を心配するのは一部の日本人ではない…
コメント:2

続きを読むread more

進まない憲法審査会膨大な予算を返上せよ!

 憲法審査会は長い間存在しているが、とんと進展せず、それどころか憲法改正に反対の野党は進展しないようにわざと堂々巡りをさせているように見える(5月3日、読売新聞、憲法改正に関する各党見解)。一体この審査会は何なのだ!と思うのだが、この審査会で使われた経費が平成23年度から令和元年までの9年間で23億6600万円と言うことである。  海…
コメント:0

続きを読むread more

中国の恫喝に屈するな!

 安倍首相が香港問題についての先進7か国(G7)による共同声明の発表を主導する考えを示したことについて、中国が早速日本に対して「重大な懸念」を伝えたということだ。しっかりした根拠に基づいて主張するものである限り、日本は中国の恫喝に絶対に屈してはならない。日本は脅せば言うことを聞く国と、中国が決めつけるようになるからだ。その後は中国の恫喝…
コメント:0

続きを読むread more

黒人男性死亡を発端としたアメリカ暴動の真相は何か?

ミネソタ州で偽ドル札を使用した黒人男性が白人警察官による逮捕時に死亡したことを発端として発生した人種差別に対する抗議デモ、さらに発展して略奪、暴力デモとなり全米に広がった。これに対してトランプ大統領が言った「略奪は銃撃に発展する」等の言葉が問題となり、非難がトランプさんへ集中している。7日のサンデーモーニングでも一人のコメンテーターは(…
コメント:0

続きを読むread more

中国国家主席習近平氏を国賓として招待することは止めるべきだ!

 習近平氏の国賓来日はコロナウイルスのため延期されたが、延期でなくはっきりと中止すべきである。もう安倍首相が習近平氏を国賓として招こうとした時と世界の情勢は全く変わってしまっているのだ。  今世界中の沢山の人々を塗炭の苦しみの中に追いやっているコロナウイルスは中国武漢市から発生したとみられるが、当初中国では未知のウイルスの発生を警告し…
コメント:0

続きを読むread more

サンデーモーニング、WHO米中対立、青木理ジャーナリストの解説に異議あり!焦点を分からなくしている!

 5月24日サンデーモーニングの中でWHOのあり方、米中対立に関して議論があった。私は米中対立ととらえてはいない。トランプ大統領がWHO のあり方、特に事務局長テドロス氏の不公正を批判し、WHOを正常化しようとしているととらえている。  私はテドロス氏がコロナウイルスに関して行った最初のコメントを聞いてわが耳を疑った。これ、中国のスポ…
コメント:1

続きを読むread more

憲法審査会について、立憲民主党に問う!

 現在中国武漢で発生したウイルスが世界中の沢山の人々の命を奪い、世界恐慌の恐れもあるというほどの惨禍をもたらしている。そして発生源と原因について米中で厳しい論争が行われている。国際関係アナリストの北野幸伯氏は『中国外務省が言うアメリカ軍人説について日本人は「まさか信じる人はいないだろう「」と軽く考えているが、トランプさんもポンぺオさん…
コメント:0

続きを読むread more

台湾のインテリジェンス、日本のインテリジェンス音痴

 武漢で発生したコロナウイルスに対して台湾の蔡総統がとった行動は見事であった。称賛に値する。なぜ台湾が速やかに的確な行動をとれたか、言うまでもなく、台湾が中国をよく知っていて非常事態に対する準備ができていたからである。それに対して日本はどうか?多くの国民が初期の動作を誤ったと思っているし、決断と実行が遅いと考えている。台湾と対比して言え…
コメント:0

続きを読むread more

日本の首相と国会議員

 安倍首相、日本の首相はみんなそうだが、気の毒だ。なかんづく安倍さんは首相になるや否や反日的な日本人やそれを大いに利用して日本を封じ込め、日米間を離間させようとする中国などによってファシスト呼ばわりされ、靖国神社に参拝するやそれ見たことかと完全にファシスト扱い、国のために死んでいった沢山の御霊に対して国の責任者として当然やらねばならない…
コメント:1

続きを読むread more

日本は危機管理体制を強化すべし

中国武漢で発生したウイルスが世界に広がり特に欧米諸国で多くの死者を出している。ところが発生源の中国では早々と終息に向かったと言い、アフリカ諸国などへの医療援助をやるという。発生源、原因はうやむやにされ、他国に擦り付けるようなことすら行われ、当の中国が援助国になるというのである。恐らく中国は唯の援助では済ませまい。本来責任ある発生源であ…
コメント:1

続きを読むread more

コロナウイルス発生源と中国の対応

 コロナウイルスの発生源がどこなのか、報道されているところによれば発生場所は中国、武漢市。その原因は野生動物を食べる習慣があり、野生動物から人に感染したと言われているが明確な情報は伝わってこない。武漢には中国軍の生物化学兵器の研究所があり、そこからウイルスが漏れたという説もある。3月14日の読売新聞には「武漢の女性医師が昨年12月30日…
コメント:0

続きを読むread more

日本の危機管理体制はどうなっているか!

 コロナウイルスに関しては日本の危機管理体制がどうなっているのかはなはだ見えにくい。問題が大きくなり始めてからも「中国へマスクを送る」「自民党議員が募金をして中国へ送る」こういう話が聞こえてきたが、肝心の日本はどういう体制でこれを封じ込めるのかはなはだ悠長に構えていたように見える。際立つのは台湾が早いうちに国内の中国人観光客等を中国へ送…
コメント:1

続きを読むread more

WHO事務局長テドロス恥を知るべし!日本は国連を崇めることをやめ主張すべきことをしっかり主張せよ!

 国連がどういうものか、WHO事務局長テドロスの発言によって、国連を平和の女神さまのように崇めている日本人にもよくわかったと思う。新型肺炎のコロナウイルス感染拡大の危険を世界中の人々が危惧する中で事務局長のテドロスは緊急事態宣言を見送った。この時のテドロスの発言はWHO事務局長の発言というよりも中国のスポークスマンというようなものであっ…
コメント:0

続きを読むread more

自虐史観というものの罪悪

 自虐史観を非難する私自身が自虐史観を持っている。戦後WGIPによる教育を受けた日本人は皆持っているのである。これは日本の長い歴史の中ではぐくまれてきた日本独特の文化とも関係がある。日本人には自分の罪を素直に認めて謝罪するーそれが立派なことだと普通に思う。相手がそれ以上に悪くても我を張らず、お互いに自分の悪いところを認めて和を図るという…
コメント:1

続きを読むread more

「反日種族主義」を発表した李栄薫氏他の著者を絶賛!!

「反日種族主義」の著者、李栄薫(以下李ヨンソン)元ソウル大学教授ら6名の的確な歴史把握と勇気を絶賛する。韓国内には李ヨンソン氏自身の[大韓民国の物語」や金ワンソプ氏の「親日派のための弁明」など過去にも国民に警鐘を鳴らすこの種の著書は出ていたが、有害図書とされ国民の目に届かないようにされたり、著者も様々な迫害を受けるという状態で韓国民が真…
コメント:0

続きを読むread more

日本の平和主義洗脳教育の成果

 公民館に集まったおば様たち、一人のゆったり構えて椅子に座っている穏やかな顔をしたオジサマを取り囲んで泣きそうな顔で゛どうしよう!”と言っている。おや!このオジサマは私の所属する囲碁クラブにたま~に顔を出してくれるいいオジサマだ。クラブの中では”仏の何とかさん”と呼ばれ碁の打ち方はとても穏やか、平和主義者なのである。私も一度お相手をして…
コメント:0

続きを読むread more

習近平の国賓来日に反対する!

 今日本を取巻く、また世界で発生している沢山の深刻な、残虐な問題を見ると習近平の中国が引き起こしているものが非常に多い。明確に日本の領土である尖閣諸島への侵略、言うまでもなく尖閣諸島ばかりの問題ではなく狙いは沖縄であり、これを属国化し太平洋への進出を目指しているのである。南シナ海を我が物にし、台湾の領土化を狙って太平洋の島国から台湾を締…
コメント:1

続きを読むread more

日本は情報政策をしっかり持て!

IR事業をめぐる汚職事件で衆院議員の秋元司が収賄容疑で逮捕された。このところ国会議員による粗末な問題が多いが、秋元議員によるこの収賄事件は中国によるスパイ行動につながると考えるのが常識であり特別な事件である。国民の安全保障を第一に考えるべき立場にある国会議員が中国企業から金を受け取るとは!腐った人間のやることである。中国という国家の振舞…
コメント:1

続きを読むread more